酵素LABO

快適な酵素ライフで体の中からきれいになる

青汁を飲むと便秘になるというのは嘘?本当?

青汁といえば、便秘解消の代名詞。 ですが、青汁を飲んで逆に便秘になってしまう場合があるのをご存知でしょうか? 健康やダイエットのために飲み始めた青汁なのに、便秘になってしまったら元も子もないですよね。 しかし、青汁を飲むと誰でも便秘になるわけではありません。 ちょっとしたことで便秘になってしまう場合があるというだけです。 ここでは、青汁をですっきり健康的になるためのちょっとしたコツをご紹介しようと思います。

ダイエット目的で青汁を飲む時に注意すること

最近「置き換えダイエット」が流行っていますね。 その中でも1食を青汁に置き換える「青汁ダイエット」は、手軽に実践できて効果も早い!ということで、人気です。 しかし、この置き換えダイエットをする人の中に、青汁を飲み始めてから便秘になった・・・という人がいます。 この原因は「食事の量の少なさ」。 もちろん、食事を減らすことによって便秘が解消される人もいるのですが、極端に量を減らしてしまうと、便秘になってしまう場合があります。 特に、この置き換えダイエットをしている人の中には、他の食事量も控えめにしている場合が多いので、このように便秘になってしまう場合が多いようです。 食事の量が少なくなると、必然的に摂取する水分量も少なくなってしまいます。 便をスムーズに出すには、水分は必要不可欠ですので、結果として便秘になってしまうわけです。 青汁は食物繊維が豊富で、確かに便秘改善効果は高いのですが、万能ではありません。 食事や水分の量が減ってしまうと、便秘になりやすくなってしまうので、意識して水分を多めに摂るようにしましょう。

いつもは快便の人が青汁で便秘に?!

また、普段便秘知らずの人がさらに健康になるために青汁を飲んだ場合、便秘になってしまう場合もあります。 この原因は、急に消化がよくなったためです。 青汁を飲む前も快便だったので、体内では正常に消化活動が行われていたのですが、青汁を飲むことにより、血管中に溜まっていたコレステロールがはがれ、血行がぐんぐんよくなり始めます。 血行がよくなったので、消化活動はこれまでよりもさらに活発になります。 そうすると、胃でどんどん消化をし終わったものが、腸にどんどん送り出されることになります。 例えばこれまでの胃から送られてくる量の2倍のものが、青汁を飲んでから腸に送られるようになったとしたら、どうなるでしょうか? そうです。当然、増えた量分をこなすだけの時間がかかります。 これが、青汁を飲んで便秘になったと感じる原因です。 つまり、一時的に胃の消化活動が活発になり、腸がそれらを一気に運べなくなるのです。 しかし、この場合は特に心配する必要はありません。 めげずに青汁を飲み続けていれば、腸は増えた作業量に慣れ始めるので、そのうちに便秘は解消されます。 一時的なものに惑わされずに、根気強く飲むことが大切なのです。 このように、青汁を飲んだから便秘になった!と慌てず、その原因を一つずつ解明していくことがポイントですね。