酵素LABO

快適な酵素ライフで体の中からきれいになる

腸内フローラならぬ肌フローラとは?ケアする方法も紹介

人の体にはたくさんの細菌が住んでいます。 中でもみなさんが良く知っている菌と言えば、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌ですね。 腸には、数百兆個もの細菌が存在していると言われています。 その細菌たちが種類ごとにまとまって腸内の壁面に生息ています。 その様子がお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。 実は、菌は肌にも存在しています。 そして皮膚に棲む菌(皮膚常在菌)の生態系のことを、「肌フローラ」と呼んでいます。 腸内フローラと同様、肌フローラのバランスを整えることで美肌を手に入れることができるのです。

肌フローラに生息する菌

皮膚に常に存在している菌を「皮膚常在菌」と言います。 皮膚常在菌にも、善玉菌と悪玉菌がいるのです。

表皮ブドウ球菌

皮膚の表面や毛穴に生息し、汗や皮脂をエサにしてグリセリンや脂肪酸を作ります。 これは善玉菌に分類されます。

黄色ブドウ球菌

毒素を作りだし、肌荒れやアトピーなどの原因となります。 アルカリ性を好むため、肌を弱酸性に保ってくれる善玉菌が少なくなると増加してしまいます。 これは、悪玉菌に分類されます。

アクネ菌

酸素を嫌うため、主に毛穴の中に存在します。 通常は善玉菌同様お肌を守っています。 ですが何らかの原因で皮脂が増え毛穴が詰まると、毛穴の奥で増殖しニキビの原因になってしまいます。 これは、善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌の分類されます。

美肌菌を増やそう

善玉菌である表皮ブドウ球菌は「美肌菌」とも呼ばれています。 その働きは、汗や皮脂をエサに保湿成分であるグリセリンや、脂肪酸を作り出します。 脂肪酸は肌を弱酸性に保ち、抗菌ペプチドを作ることで黄色ブドウ球菌の増殖も抑えます。 素晴らしい働きをしてくれる美肌菌ですが、どのように増やしたらよいのでしょう。

夜はメイクや汚れをきちんと落とす

ですが、クレンジングは汚れとともに美肌菌も落としてしまいますから、洗顔料を使うのは夜の一回だけにしましょう。 メイクをしない日を作るのもおすすめです。

保湿ケア

保湿ケア用品は、アルコールフリーや低刺激のもので化粧水の水分をしっかりクリームでフタをしましょう。 肌を擦りながらのケアはNGです。

長風呂には注意

熱いお湯に長くつかるのは肌がふやけ美肌菌が逃げてしまいます。 ぬるめのお湯で、ふやける前にあがりましょう。

寝る前に軽いストレッチ

ストレッチをし、じんわり汗をかくことで美肌菌の餌になり増やすことができます。 肌も腸も菌のバランスを保つことが大切です。