酵素LABO

快適な酵素ライフで体の中からきれいになる

酵素サプリ効果なし?効果がない理由と効果の促進剤になる食べ物

酵素サプリを使用したユーザーの口コミを見ると「効果がなかった」というものも少なくありません。 しかし、酵素サプリはどのように使用するかがとても重要で、それによって効果あり・なしに分かれます。 このページでは、酵素サプリの効果あり・なしのカギ「補助因子」、そして、「補助因子」効果で酵素を上手に働かせる飲み方について、お話ししたいと思います。

酵素サプリを使用して効果あり・なし、どうして差が出るの?

酵素サプリは食物から抽出した酵素を濃縮したものですが、このような酵素はヒトの体内で作られる酵素の働きを良くします。 消化を促進したり、体内で作られる酵素の材料になったりするため、代謝の促進につながりダイエット効果が期待できるわけです。 しかし、そもそもヒトの体内で作られる酵素には、ひとそれぞれ個性があり、万人が同一同型の酵素を持っているわけではありません。 なぜなら、ヒトの体内で作られる酵素は、細胞に書き込まれている遺伝子の情報をもとにして作られるからです。 仮に、Aさんの唾液アミラーゼ、Bさんの唾液アミラーゼを同量取り出して調査したとしましょう。 すると、同一種の酵素であるにも関わらず、Aさんの酵素は良く働くのに対し、Bさんの酵素は働きが鈍いなんていうこともあるわけです。 ですので、酵素サプリで同じように体内の酵素をサポートしても、効果がある人・ない人がいて当然ということになります。 そもそも人によって酵素のパフォーマンスが違うのですから。 でも、先天的に酵素の働きが鈍い人であっても、酵素が活性する因子をこちらが用意してさえあげれば、体内の酵素の働きを良くして代謝を上げていくことが可能です。

酵素サプリの効果アップに欠かせない「補助因子」とは

酵素サプリはヒトの体内で働く酵素をサポートするわけですが、その「体内酵素」は単体で動くことができない種がほとんどです。 酵素は自分とは異なる別の物質と結合することによって初めて「酵素」として機能し始めます。 ここでいう“別の物質”のことを「補助因子」と呼び、補助因子なしには活性できない酵素を「ホロ酵素」と呼びます。 ホロ酵素の補助因子となるのは、主にビタミンやマグネシウムです。 先にも述べたように、ヒトの体内で働く酵素の大部分はホロ酵素ですから、酵素を上手に働かせるためには補助因子となるビタミンやマグネシウムといった栄養を日頃から摂取しておく必要があるわけです。 ビタミンやマグネシウム類を網羅するには、日々の食生活で下記の食材・食品を積極的に摂取するとよいです。 ビタミン・ミネラルが豊富な食品

ビタミン

うなぎ、たらこ、ナッツ類、豚レバー、鶏レバー、鶏モモ肉、牛レバー、牛乳、かつお、サンマ、まぐろ、たらこ、にじます、子持ちガレイ、バナナ、落花生、納豆など

マグネシウム

アーモンド、蕎麦、のり、ひじき、豆腐、ゴマ、シイタケ、昆布、カキ、さつまいも、トウモロコシ、五穀、抹茶、キンメダイ、ほうれん草、玄米、納豆など


これらの食品は、ビタミンやマグネシウム(補助因子)を多く含むため、体内の酵素が活性化され働きがよくなります。 現代人の食生活は、インスタント食品や加工食品を多く利用するため、ビタミンやマグネシウムの摂取量が非常に少なくなっており、専門家の間では“危険水域”に入っていると指摘されているほどです。 ですから、バランスの良い食生活を心がけ、体内に補助因子が充足する環境を整えるようにしましょう。

酵素を働かせるために有効なお酢もおすすめ

酵素サプリで体内の酵素を上手に働かせるためには、補助因子となる栄養を摂るようにすると効果的。 それに加えておすすめしたいのは、お酢を活用することです。 お肉を調理するときに、お酢を使うと、お肉がとても柔らかく仕上がるのをご存知でしょうか? これは、お肉にもともと含まれる酢酸プロテアーゼという酵素がお酢の「酢酸」によって活性化したためです。 ようするに、お酢にも酵素を活性化させる働きがあるので、食生活に取り入れるとよいということです。 お酢が酵素の活性化にひと役かう理由は他にもあります。 お酢に豊富に含まれるクエン酸は、ヒトの体温を上げる働きがあるということです。 私たちが風邪を引くと体温が自然に高くなりますが、これは体温を上げることによって体内の酵素を活性させ、風邪を治そうとしているのです。 酵素は体温が36.5~37.5℃くらいのときにもっとも活性します。 空調が効いている環境はとても快適ですが、体の機能を使わずに済んでしまうため、夏場の暑い時期でも体が冷えている人が多くなっていますから、お酢などの体を温める食品を摂るのはとても大切です。 ぜひ、酵素の活性のためにもお酢を活用してはいかがでしょうか?

酵素サプリを使用したダイエットはバランスの良い食生活の上に成り立つ

これまで、体内の酵素を上手に働かせるためには、補助因子となるビタミンやマグネシウムや、酵素を活性させる作用のあるお酢などが有効であるとお話ししてきました。 酵素サプリの目的は体内酵素のサポートですから、酵素サプリ+補助因子となる栄養+お酢の組み合わせは、かなり相乗効果が期待できます。 こうして知識を深めていくと、バランスの良い食生活がいかに大切かがよく分かるのではないでしょうか? ダイエットをする人の多くは、単に食べる量を減らせばよいと考えてしまいがち。 しかし、本当の意味で肥満体質から脱却するには、バランスの良い食生活がもっとも大切なのです。