酵素LABO

快適な酵素ライフで体の中からきれいになる

飲むコラーゲンと塗るコラーゲン、効果があるのはどっち?!

若返り効果がある成分といえば、代表的なのが「コラーゲン」ですよね。 アンチエイジングケアが当たり前になった今、コラーゲンが含まれているさまざまな商品が売られています。 サプリや化粧品など、本当にたくさんの種類があるので、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。 コラーゲンを含む商品には、サプリやドリンクなど口から摂取するものと、美容液やクリームなど肌から摂取するものがあります。 これらは一体どちらのほうがアンチエイジング効果があるのでしょうか?

コラーゲンは口から摂取しても効果なし?!

よくコラーゲンは分子が大きいので、食べたり飲んだりしても体には吸収されないという話を聞きます。 これが本当だとしたら、現在市販されているサプリやドリンクはすべて意味がないということになりますが、真相はどうなのでしょうか? 実はコラーゲンは飲んでそのまま肌にいくのではなく、アミノ酸に分解され腸から吸収されます。 腸から吸収されたアミノ酸は、コラーゲンを生成する原料となり、肌をはじめ体中に行き渡るのです。 なので、確かにコラーゲンを飲んでも肌にはいきませんが、コラーゲンを飲むことにより、コラーゲンの原料が増えるので、結果的にはお肌も潤うということなのですね。 体内のコラーゲンは20代から減少し始めるので、予防対策として20代のうちからコラーゲンサプリやドリンクを飲んでおくことは有効です。 本格的なアンチエイジングケアとする場合でも、30代から始めたほうがよいでしょう。

コラーゲンは肌に塗っても効果なし?!

一方で、コラーゲンは肌に塗っても吸収されないという話も聞いたことがあるのではないでしょうか。 そうなると、今度はコラーゲン入りの美容液やクリームが意味なしということになります。 こちらの真相はどうなのでしょうか? サプリやドリンクは成分が体内に長く残りますが、化粧品は塗った時のみの効果になるので、そういう意味では効果が弱くなります。 しかし化粧品は効果がないということではありません。 コラーゲン入りのクリームなどを塗ると、肌の表皮に潤いを与えます。 表皮の水分量が増加するので、見た目的にシワなどが改善されるわけです。 もちろんコラーゲン入りの化粧品だけを使っていればアンチエイジングケアになるのではなく、体の内側からのケアも必要なのですが、コラーゲン入りの化粧品はきちんと効果があるのです。 コラーゲンサプリは、コラーゲンを生成する原料を作り出すので、肌の真皮層への効果が出ます。 化粧品は、見た目的改善効果が高いので、肌の表皮層への効果が出ます。 この2つの違いを理解し、必要に応じて使い分けるのが賢い方法だと言えるでしょう。 アンチエイジングは女性みんなの目標です。 アイテムを賢く使い分けて、効果を最大限に引き出したいですね。