酵素LABO

快適な酵素ライフで体の中からきれいになる

美肌を手に入れるための毛穴トラブルの改善方法

肌の悩みの中で多くの方が口にするのが、毛穴の悩みです。 毛穴のトラブルには、いくつかの種類があります。 詰まり、開き、たるみ、同じ毛穴トラブルでもそれぞれ原因や、ケアの仕方は違ってきます。 自分は、どのタイプなのかを見極めて適切なケアを行ってください。

毛穴トラブルのタイプ

開き毛穴

毛穴の大きさは遺伝的な要因が関係し、男性ホルモンが多い人は毛穴が目立ちやすくなります。 さらに、思春期頃には皮脂が増えるため毛穴も開きニキビもできやすくなります。

詰まり毛穴

皮脂と古い角質が混ざり合って固まり、角栓になってしまいます。

たるみ毛穴

加齢のよって肌の弾力が減り、頬の毛穴もゆるんで広がってしまった状態です。 加齢だけではなく、不規則な生活やタバコ、紫外線などもたるみ毛穴の原因になります。

詰まってしまった毛穴の汚れは原因によって色が変わる

毛穴が開くとぽつぽつと穴が目立ちますが、よく見ると色があります。
  • 白っぽく見える毛穴は、皮脂と古い角質が混ざりって固まり角栓になっている状態
  • 黒く見える毛穴は、白く見える角栓が酸化し黒ずんだもの
  • 毛穴は目立つが白や黒などの色はなく、肌色な場合は毛穴の詰まりはないですが、たるみによって頬の毛穴が開いている状態
このように、毛穴の汚れは色によって若干状態に違いがあるのです。

種類別毛穴のケア方法

開き毛穴

開き毛穴の場合、遺伝的にも毛穴が大きいため皮脂量も多くなります。 肌の保湿を守るために皮脂は必要なので、余分な皮脂だけを洗顔で取り除きましょう。 洗顔後は、油分少なめの軽い美容液や乳液を使ってお肌をケアしてください。 開き毛穴には、潤いと皮脂のバランス(オイルコントロール)が大切です。

詰まり毛穴

詰まり毛穴は、皮脂と角質が混ざったものが毛穴に詰まっています。 黒ずんでいる場合は、角栓が酸化しているため汚れを落としやすくするために酵素洗顔がおすすめです。 酵素は、たんぱく質を分解する働きがあります。 酵素入りの洗顔料で優しく洗いましょう。 他に毛穴パックなどもありますが、一度では取りきれないからと頻繁にやっては肌を傷つけます。 2週間に一回くらいを目安に使いましょう。

たるみ毛穴

肌がたるみ毛穴が広がってしまった場合、開き毛穴とは逆に肌が乾燥している状態です。 ですから、対策は肌の保湿になります。 スキンケア用品も保湿の高い成分が多く入っているものを選び、たっぷり保湿してください。 毛穴の詰まりがあるわけではないので、開きや詰まり毛穴のケアは逆効果になりますので注意してください。